PMSの頭痛に効くサプリ@もう痛くない

PMSの頭痛に効くサプリ@もう痛くない

PMSの頭痛に効くサプリ!

 

PMSだけが頭痛の原因じゃない?

 

日頃から頭痛に苦しんでおられる方は多いことでしょう。しかし、頭痛がなぜ起きるのか、その原因が掴めないせいで対処できない…ということはありませんか?痛みが定期的にやってくるようであれば、慢性的な頭痛だと考えられます。

 

原因を明らかにすることができれば、対処も可能になるでしょう。原因はそれぞれの人によって様々ですから、皆さんに当てはまるものはどれなのか考える必要があります。

 

例としては、血管の膨張によって引き起こされる頭痛が挙げられます。入浴後に頭痛に襲われる場合は、これに該当するかもしれません。

 

この他、ストレスから来る頭痛もよく見られます。このケースでは、薬の服用に加えて、ストレスを減らすことも重要です。ストレス発散の効果的な方法は十人十色でしょうから、ご自分に合ったものを見つけてみてください。

 

頭痛が起きてから薬で対処するだけではなく、まず頭痛を予防する、ということを第一に考えたいですね。ところで、皆さんの中には、頭痛を我慢してしまう方はいらっしゃいませんか?ですが、痛みは体に何らかの異変が生じている合図だと言えます。

 

万が一にも、重い病気の予兆である恐れもあるのです。最悪のケースでは命をも脅かすような病気であることも…。もちろん、僅かな痛みでもすぐに医師の診察を受けましょう、というわけではありません。ただ、原因がはっきりしない痛みが長期間続くようでしたら、病院で相談されると不安を取り除けるのではないでしょうか。

 

頭痛にも色々な種類がある

 

頭痛は、数種類に分類することができます。あなたがどのタイプに当てはまるのかによって、適切な対処法も異なってくるのです。

 

まず最初のポイントとして、痛みが慢性的なものかどうかを考えてみてください。頭痛が数年も続いているようであれば、慢性的だと言えます。このタイプの特徴として、おでこやこめかみの辺りに痛みが起きやすい、という点が挙げられるでしょう。

 

また、月に一回ぐらいの割合で痛みが現れる、という方もよく見受けられます。そのような方は、何か思い当たる原因はありませんか?例えば、仕事に追われている時や睡眠不足がちな時などに痛くなる、など。

 

このように原因の見当がつく場合は、予防が可能かもしれませんよ。この他には、頭痛とともに発熱も引き起こすタイプがあります。風邪もこのケースに該当しますね。

 

そのため、頭痛と発熱が同時に起きると、風邪だと早とちりしてしまいがちです。しかし風邪だとは限りませんので、早めに医療機関で診察してもらった方が良いでしょう。と言うのも、実は脳腫瘍などのサインであるかもしれないからです。

 

万が一その場合、早期の発見と対策が不可欠なのは言うまでもありません。中でも特に要注意なのが、急激に襲われる強い痛みです。ひどい場合には意識不明に陥ることさえあります。そんな経験をした場合は、意識が戻ったら直ちに病院に向かってください。

 

意識の回復とともに頭痛も治まっているかもしれませんが、もしも「くも膜下出血」などが起きている場合は、一刻も早い治療が欠かせません。吐き気や手足の痺れを感じる場合も、医師に相談されることをおすすめします。

 

頭痛外来に行く前に

 

昨今の健康ブームもあって、いわゆる「禁煙外来」が増えてきましたが、「頭痛外来」というものも存在しています。頭痛外来では、頭痛に苦しむ人たちを専門的に受け付けてくれます。検索サイトで調べてみると、皆さんのお住まいの近くでも頭痛外来が見つかるのではないでしょうか。受診に先立って、まず問診を受けることになると思います。

 

痛みはどのような感じで、どんな場合に起きるのかなど、詳しく話してください。頭痛が起きた際のことを予めメモなどに記しておけば、説明がスムーズにできるかもしれませんね。問診の内容を受けて、何か病気の疑いがないかどうかなどが判定されます。

 

そしていよいよ、詳細な検査に入ります。ただし、病気の恐れはないと判断された場合は、MRIやCTなどは省かれることが多いようです。検査内容は概ね、レントゲンや血液検査などです。

 

もしも何らかの病気が発見された場合は、すぐに治療を開始できることができます。特に原因となる病気がない場合は、頭痛そのものに対する最適な治療薬を出してくれることになり、徐々に改善していくことが期待できるでしょう。

 

重要なのは、頭痛の状況についてなるべく詳しく伝える、ということです。お医者さんにとって、検査結果とともに問診内容も非常に大切な判断材料になります。頭痛と直接関係なさそうに思えることでも意外と重要なカギになる場合がありますから、気掛かりなことは余すことなく話すようにしてください。もしもお住まいの近くに頭痛外来がない時は、脳神経外科、神経内科、内科などでも良いでしょう。

 

病院の治療を受ける前に頭痛に効くサプリを試すのもアリでしょう。

脂肪肝改善の重要ポイント

すでに脂肪肝と診断されてしまった方や脂肪肝が心配な方は、肝臓内の脂肪を減らしていかなければなりません。しかし無理な食事制限などのダイエットは危険を伴います。体重を減らしただけでは脂肪肝の改善にはつながらないからです。

 

なぜなら肝臓はエネルギー源が不足すると蓄えてあるグリコーゲンを分解して糖に変えエネルギーにします。しかしそれでも不足していると肝臓自身のたんぱく質を分解して糖を作り始めます。これは糖新生と呼ばれるもので、肝臓に大きな負担をかける行為です。エネルギー源の摂取を減らすだけでは、中性脂肪を分解させることはできないのです。

 

脂肪肝を改善させるには、肝臓への負担を減らすことをまず考えなければなりません。そのためには体脂肪をエネルギーとして使いながら減らしていく必要があります。体脂肪を減らすことで、肝臓への負担が減り、脂肪肝を回復させていくことができるのです。負担軽減には脂肪肝に効くサプリを飲むのも良い手です。

 

ポイントはバランスのよい食生活と有酸素運動を行うことです。食事面では、脂肪と糖質の摂取を控えめにすること、魚や大豆、卵などの良質なたんぱく質を摂ること、食物繊維やビタミン、ミネラルをバランスよくとる事があげられます。そして週2日以上の休肝日をとり、アルコールの摂取を控えることが大切です。

 

運動面では、最大運動強度60〜70%程度の運動を毎日20分以上行うことです。最大運動強度60〜70%とは、運動中「ややきついと感じるが、息切れをするまでではない」という状態です。ウォーキングやサイクリング、スイミングなどの運動があげられます。

 

こういった運動は高脂肪な食事で脂肪肝になった方にはお勧めです。ただし糖尿病、高血圧また肥満度が極度に高い方には適しません。医師と相談しながら、食事・運動の両面から脂肪肝を改善していきましょう。

更新履歴

copyright 2015 PMSの頭痛に効くサプリ@もう痛くない All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。